NOBUKO KAWAHARA SUMI ART
by kawahara_n
不甲斐なさ
クライマックス戦は全試合連勝で…と思っていたのですが昨晩の試合はいいところがなく不甲斐ない試合でしたね。今朝の中国新聞の1面のトップ記事「日本の廃絶決議案 非人道性大幅後退 あらゆる使用削除」核兵器使用の非人道性をめぐる表現が例年の記述よりトーンダウンしているとの報道。今こそ被爆国が・・・・。不甲斐なさに愕然としてしまいました。昨晩から今朝にかけて、気分はすぐれません。今日こそ、スカッと完封試合を!
b0134123_09270238.jpg

[PR]
# by kawahara_n | 2017-10-20 09:37
邇保姫神社に守られて
秋祭りに先駆けて今朝は早くから笛や太鼓の音が町内に鳴り響く。ありがたいことに邇保姫神社のご長老の氏子さんたちが町内を練り歩いてくださった。お祓いを済ませて獅子が舞を。我が家は神仏ごっちゃになってはいるけど気持ちのいいもんだ。雑多な事務所の空気が透き通ったようだ。
b0134123_09381561.jpg
b0134123_09382047.jpg

[PR]
# by kawahara_n | 2017-10-17 09:38
お裾分け
昨日の心温まる結婚披露宴のお裾分けでお花をいただいて帰りました。東京からバックに入れたまま、切りっぱなしのお花は帰宅してすぐ水切りをして花瓶に。優しい色味のお花は元気によみがえり良き時間の流れはスマホの画像とともに再現。
もう一つのお裾分けはYAYOI KUSAMA LOVE FOREVER
b0134123_22022578.jpg
b0134123_09032714.jpg


[PR]
# by kawahara_n | 2017-10-16 22:06
木洩れ日の中で
パレスホテルでの結婚式。外はあいにくの雨でしたが披露宴会場はグリーンの木立をイメージした中、木洩れ日を浴びながら友人たちの祝福を受け心豊かになる結婚式でした。
b0134123_01302343.jpg
            会場入り口にセッティングされたお二人の思い出の写真と。
b0134123_01341437.jpg
b0134123_01380308.jpg

b0134123_01383338.jpg
大学のゼミが一緒。しかし学生時代には気づかず年月がったてから赤い糸がはっきり見えたようです。
新郎の父親、つまり甥の生い立ちをつぶさに知っている私は何よりも年齢を強く感じた一日でした

[PR]
# by kawahara_n | 2017-10-16 01:59
東京へ
1泊どまりで甥の息子の結婚式に出席するために姉と東京へ。前夜は甥が利用する麻布十番にある四川料理の「飄香」へ。それぞれ絵柄の違う第一の皿のセッティングで迎えられた。期待が大きく膨らんだ。
b0134123_00581173.jpg
b0134123_00581656.jpg
b0134123_00581978.jpg
よくあるスタイルの前菜ですが、味とメニュー内容のバランスが抜群でした。
b0134123_00582613.jpg
    井桁シェフと。甥夫婦と秘書のWさんと姉と。そういえばTVでお見受けしたことのある方でした!

[PR]
# by kawahara_n | 2017-10-16 00:51
古事記に登場?
昨晩、山陰の方からもらった珍しいものと言って下駄箱の上に私のために置いてくださってたもの。初めて見るとって神秘性を感じた。なに?尋ねるとガガイモという植物。シルクの輝きのように美しい。神代の時代から日本に存在する花なんだそうです。でもそういう花だからこそ広まらずひっそりと・・・・・いいですね。
b0134123_10361588.jpg
b0134123_10361075.jpg
ガガイモは約10センチ足らずです。本来のイモは3割り増しくらいなんでしょうか?このような繊細な羽なので種をまき散らすのも?いいえ。もしかすると月まで飛ぶことができるまさに神業を持ち合わせているかもしれません。秋の夜長、昨晩は一人ガガイモを前に夢を膨くらませて眠りに!

[PR]
# by kawahara_n | 2017-10-13 10:45
報告会
広島・キューバ展の実施報告会があった。アルバム形式で丁寧な報告書に明朗な会計上告。当たり前かもしれないが、クリアーなる数字に気持ちがよかった。報告書に在日キューバ共和国カルロス・M・ペレイラ特命全権大使あいさつ全文の記載。一部抜粋してみます。「敬愛する広島の友人の皆様 この美しい歴史的な街、広島を訪問できたのは、とくに平和公園と原爆資料館を訪問できましたのは、私たちにとりまして、またこれキューバ人にとっても同じですが、大変光栄なことです。   今から58年前、1959年のキュー革命勝利からほんの数か月後、エルネスト・チェ・ゲバラ指令官がこの象徴的な都市、広島を訪れました。それは原爆の犠牲者を慰霊したいと言う強い思いに駆られたからでした。ここで見たことで強い衝撃を受けたゲバラは、キューバに帰国したとき<原爆投下を炎と死の比類なき饗宴>と評しました。   その訪問の証拠としてゲバラ自身が撮った写真、ゲバラが広島を訪れた状況、そして彼の革命の戦い、それらは日本の有名な阪本順治監督によってつくられた映画<エルネスト>に再現されています。この映画は日本とキューバの両国の映画館で近々公開されます。・・・・・・」オープニングセレモニーの心あるご挨拶でした。一部抜粋。私にとってキューバについてほんの少しですが肌で感じることができた貴重なイベントでした。ハーツコーポレーション様、お礼を申し上げます。
b0134123_23274103.jpg

[PR]
# by kawahara_n | 2017-10-10 23:29
名残の夏
b0134123_20181377.jpg
午後からヨガへ。ヨガ教室の2階は多世代はシェアハウス。住人で1番古株のTさん。いつもTさんが育てた花たちのお迎えがある。Tさんは来訪者に何かしらのメッセージを送ってくれている。ゴーヤのお見送りが何ともかわいらしかった。Tさんらしい!名残の夏はお茶目だった。

[PR]
# by kawahara_n | 2017-10-09 20:27
泉美術館と江田島
「彫刻家 佐藤忠良の遺したもの」オープニングに記念対談。帽子シリーズのモデルだった笠戸千津様と齋藤亜紀様の対談。笠戸さまは造形大学時代の生徒と先生の関係。現在は佐藤先生と同じ彫刻の道を歩まれていらっしゃいます。会場にはピカソやマリノ・マリーニの素描など内容の濃い展示内容です。中でも佐藤忠良が絵本や小学校の教科書などにもかかわっていらしたという以外な側面も拝見。信条でもある徹底した自然観察。自然と同じ立ち位置に自分を置き、自然が教えてくれる偉大な力を信じての創作活動。そのようになりたいものです。昨日は思い立って午後から車を走らせて江田島へ。潮風を受けて自然の中にいることができました。
b0134123_14085950.jpg
b0134123_14092517.jpg


[PR]
# by kawahara_n | 2017-10-09 14:01
満月
4日の十五夜はきれいに見えましたね。お月見団子を用意できなかったので、昨日お月さんは見えないけどせめてお団子だけはと思い和菓子屋さん2軒行ったのですがどちらも前日の4日だけということでした。でも本当の満月は5日なのであれでもと思ったのは甘かったです。仕方なくきれいな和菓子で秋を味わいました。
b0134123_08342270.jpg


[PR]
# by kawahara_n | 2017-10-06 08:34
秋の宵
今日は十五夜ですね。この月の月をゆっくり見ながら何を語らいましょう?鄙の料亭地御前の夜も風情があって素敵です。グラスを片手にお庭の散歩もこの時期がいいかもしれません。
b0134123_09371364.jpg
b0134123_09370744.jpg
b0134123_09371815.jpg
b0134123_09372211.jpg


[PR]
# by kawahara_n | 2017-10-04 09:38
13回忌
昨日の26年ぶりに個人が残されていた作品を処分するための儀式?が執り行われた。昨日に続き今日はMさんの13回忌。ご縁のある方が集まりまた新しいご縁が・・・・・。昨日いただいたシラナミは枝切りしないでそのまま壺に。
b0134123_23083777.jpg
b0134123_23094562.jpg
故人を偲んでフランス在住の画家西美公二さんと。
13回忌を迎えられたのは光村考治さま。還暦のお祝いを目前にして急逝。今でも手掛けらえた多くの作品や店舗が色あせることなく現存。「幟町茶寮」にて多くの方が集まって偲ぶ会が催された。お父様の後を継いで勉さんの作品も展示。今もいらっしゃったら広島の飲食のスタイルが違っているのではと・・・・・・・。

[PR]
# by kawahara_n | 2017-10-01 23:13
供養のあり方
昨日は友人の義理のお母様が生前、描かれていたという絵を供養したいということで、親しき人が集まった。他界されたのは26年前。何故だか彼女の手元に眠り続けていたそうです。カメラマンに1枚づつ撮ってもらって集合写真は義母が大好きだったというビールをお供えし、お花を活けてもらい、彼女の手から離れた。色々な方がいろいろな思いで遺品の処分をされると思うのですが、彼女を通して親しき友人が集って素晴らしい絵の中で共有できた良い時間を楽しみました。以前から絵のことはうかがっていた。が、失礼だけどこのような立派な絵だと想像していなかった。絵と対面したときに、あまりに秀作だったので思わず「凄い!」が第一声でした。この絵はアルバムにして義母の息子や孫の手元に。夜もまた延長で違った良き時間を同じメンバーで。すがすがしいいい一日でした。
b0134123_07012531.jpg

[PR]
# by kawahara_n | 2017-09-30 07:01
広島ラテンRevolusion! キューバ音楽&ダンスFestival
b0134123_09485209.jpg
広島・キューバ展の最終日のビッグイベントが宇品のBLUE LIVE HIROSHIMA であった。この場所は素敵なショップが並ぶロケーションのいい場所だが、こちらは初めて。こちらは・・・・というより中心部でもいろんなライヴハウスがあるようだが程遠い世界だ。驚いたのは若い頃に楽しんだことのあるジルバやマンボを軽やかにステージの前で踊る若い男女。中には若い頃を思い出して楽しそうに踊る中年男性もちらほら。最高に盛り上がっていた。多分ライブハウスで踊っていらっしゃるだろう人々が多くいらっしゃるのに驚かされた。プログラムのトップは広島学院ジャズ・オーケストラ。ラテン音楽もレパートリーにあるだけに堂々と。若い!というだけでいいですね。一生懸命さが伝わり新鮮でした。上の写真は学院の高校生も交えて出演者全員のセッション。キューバ国立民族舞踊団のトップダンサーと日本女性のペアによるルンバやサルサダンスのパフォーマンスも見応えがあった。またキューバでも熱い指示を受け17年、連続で現地の音楽祭に招聘されている日本人のヂュオ、ドス・ソネス・デ・コラソネス、初めて耳にする名前ばかりだが、有名なアーテイストが同じステージでというのは、ファンにとっては最高で遠方からも足を運んだ方も多くいらしていた。とってもラテンな日曜日でした。
b0134123_09491861.jpg



[PR]
# by kawahara_n | 2017-09-25 10:17
週末の夜
              週末の夜はpolipoへ。美味しくて楽しい5人のディナーでした。
b0134123_09203082.jpg

[PR]
# by kawahara_n | 2017-09-25 09:25
週末は・・・・・
23日「これからの工芸」シンポジュームに。はつかいち美術ギャラリーに出向く。「創造する工芸―その多様性と可能性ー」第6回国債工芸美術作家協会展の初日のイベント。少し前に届いたフライヤーのタイトルに目を止めた。一体、どんな内容なのか?どんな展示なのか?興味があったのでシンポジュームに。東京都庭園美術館の樋田館長の基調講演の後、4人のパネリストによるディスカッション。写真は1時間もオーバーしたシンポジューム後の樋田館長。
b0134123_09164087.jpg

[PR]
# by kawahara_n | 2017-09-25 09:22
秋拾い
                      秋を拾ってきました。
b0134123_18582862.jpg
b0134123_18581931.jpg
b0134123_18583616.jpg

[PR]
# by kawahara_n | 2017-09-20 19:02
やりましたね!リーグ連覇。
やりましたね。リーグ連覇。グラウンドでは癌宣告し戦っている赤松選手や怪我で離脱している鈴木選手も両肩を支えられて・・次は日本一に。
b0134123_18553813.jpg

[PR]
# by kawahara_n | 2017-09-18 19:12
無言館
昨日はカープの100%胴上げを信じ切っていたのですが・・・・・。早朝のお天気は青空で台風はまたブーメランのように進路を変えた❕と喜んだのも束の間。時間の経過とともに予報通りに。こんな日には、思い立って呉市立美術館へ「遺された絵画展 無言館」を観に出かけた。TVで観ていつか機会があれば長野県の上田市の「無言館」へと思っていた。開館20周年記念として開催された。若き画学生が画家としての志をいだきながらも戦争によって夢叶わず、戦地で命を奪われた彼らの絵画に、改めて深い感動を受ける。もしかして遺作になるやもしれない両親の肖像画や兄弟の絵を残し、また描くという一途な思いで戦場に散った彼らの無念さは?彼らの絵に添えてあるエピソードや両親や妻、恋人に送ったハガキなど胸が詰まる思いがした。なんでこんな日に!と思ったが館を出て車に乗って帰宅するまでずっと頭痛が。頭痛薬を飲んで早くに就寝しようと。やはり重かった!
b0134123_17265804.jpg
b0134123_17114032.jpg

[PR]
# by kawahara_n | 2017-09-17 17:27
広島・キューバ展
昨日、旧日本銀行広島支店で「広島・キューバ展」のオープニングに出席。ほとんど知らない国でしたが、この機会に少し触れさせていただきました。キューバでは小・中の教科書には8月6日・9日の広島・長崎の原爆投下について触れ2002年?にはいち早く非核国として宣言。オリンピックのキューバの野球チームの遠征地として広島に決定。チェ・ゲバラの没後50年という節目。広島の地を訪れて平和公園での写真や妻にあてたハガキなど展示。ゲバラと盟友だったカストロ議長も2003年に来広されメッセージを残している。ぜひ、この機会に足を運んでいただきたい!会期は24日まで。またキューバ映画特集を広島市映像文化ライブラリーで上映したり、9月24日日曜日14:00~ 「広島・ラテンRevolusion キューバ音楽&ダンスFestival 」が南区のブルーライブ広島で開催されます。また旧日銀ではセミナーやトークイベントなど盛りだくさんのプログラムが用意されています。
b0134123_11343538.jpg
b0134123_11375611.jpg
平和のために断固戦うにはこの地を訪れるべきだと思う・・・・と妻に送ったハガキに記述。
b0134123_11353540.jpg
    キューバ駐日大使と10月6日封切られる「エルネスト」の阪本順治監督もこの日のために会場へ。


[PR]
# by kawahara_n | 2017-09-17 11:48
ランチ&句会
昨日はポルトガルからのYご夫妻と愉しいランチをRISTORANTE MARIOで。ブログにも何度かご登場いただいているYご夫妻。Yさんは呉市坂町のご出身。食後、広島駅までお送りして山口の温泉へ行かれるそうだ。睡眠時間以外は常に西から東へ動いていらっしゃる。御年82歳。毎回のごとくポルトガルへ行こう!話題になる。近々、ぜひ実現しますように・・・・。
b0134123_09283136.jpg
b0134123_09283844.jpg
夜はいつもの句会。昨晩の投句は46句。その中で各人が特選1句と入選4句を選んで、句評をする。思いもよらぬ解釈がまた新鮮で楽しい。日常の当たり前の光景を切り取って詠む。作句する鍛錬ができていない私は、1句を詠む技量に驚きが常にある。17文字。まだまだ、まだまだ、まだまだ、まだまだだ!
b0134123_09445527.jpg
b0134123_09541239.jpg
M事務局長のマンションで開いている。とっても珍しいぶどうをいただく。世界一大きいぶどうの名は天山。山梨県産と中国産の品種を掛け合わせ30年という歳月をかけて生み出されや種無しぶどう。ぶどう本来の甘さとうすい皮で、市場に出回らないとっても珍しいぶどうをいただきました。食事はいつも瀬野川の點心のお弁当です。丁寧に作っていただくお弁当は、ありがたくおいしくいただいています。



[PR]
# by kawahara_n | 2017-09-16 09:59
 竹原から
打ち合わせで竹原へ。帰りはカープの試合を聞きながら・・・・。もしかすると明日?いずれにしても今週には胴上げですね。
b0134123_19212588.jpg
                   稲刈りが終わっているところもありました。
b0134123_19224750.jpg
                     陽が落ちるのが早くなりましたね。

[PR]
# by kawahara_n | 2017-09-13 19:24
ヨガ
午後からヨガへ。場所は「多世代シェアハウス・地域交流広場 庚午のおうち」。季節ごとに植え替えられる植物が2週間に1度の我々を楽しませてくれる。今日は最後のゴーヤの姿を見た。緑色のゴーヤから色が変わり、実が割れると中にはしっかりと種が。こうしてまた次に。
b0134123_22030086.jpg
b0134123_22031556.jpg
夕食ににゅう麺を作った。昨日朝市で思わず買った「にら」。「にらの花は天ぷらや汁物に入れると食べれますヨ」とのこと。天婦羅は面倒なのでにゅう麺に浮かして食べた。見た目もきれいだし、そんなに味があるものではないが、食べれるというのを知って、これから料理の引き立て役として大いに活用したい一つになった。
b0134123_22114253.jpg
b0134123_22135250.jpg

[PR]
# by kawahara_n | 2017-09-11 22:12
お絵かき教室
昨日のお絵か教室。2種類の絵を書く。まず始めと終わりを自分で決めて1本の線を書く。初めて書く線だと思う。線と同じ色で面を塗った後、全体に合うだろう色を2色選んでぬることをした。ほとんど彼らが選んだ色は補色に近い色を選んでいた。彼らは本能的に目立つ色としてインプットしているのだと思った。
b0134123_08525554.jpg


[PR]
# by kawahara_n | 2017-09-11 10:10
秋ですね。
b0134123_20293823.jpg
すっかり秋ですね。夏の終わりの余韻もなくすっかり秋ですね。今日は朝8時から庭師の方と雑草取り、びっちり12時まで。軍手をしてできる限り1本1本根こそぎ抜いていく。発見しました。プロと素人の違い。抜いた後の始末がきれいなのです。私なんか凸凹だらけ。腰は痛いし指は痛いし・・・・・。主にハーブ系の苗とレモンにブルーベリーを植えていただきました。根を張って元気に育ってくれますように・・・・。
b0134123_20482504.jpg
                  無花果。見た目より美味しかった!疲れが取れたかな?

[PR]
# by kawahara_n | 2017-09-09 20:50
忙しかった昨晩
4度目となるマジック点灯するかどうか?重要な2位阪神戦の応援と、4年に1度のバレーボールの国際大会女子の韓国戦があった。
チャンネルを切り替えながらの応援に、カープは安部の逆転サヨナラホームランでマジック12が点灯!バレーは、馴染みのない選手が活躍し気持ちがよかった。3-0で宿敵、韓国を下し好スタートを切った。そして深夜2:30からのサッカー、サウジアラビアの試合を観る。
前回のオーストラリア戦に勝利してワールドカップに出場は決定したものの、どのような布陣でどのような戦いぶりを見せてrくれるのか・・・・。頑張って応援した。6万人以上収容のアウェイのスタジアム、しかも気温、湿度も高いところでの試合。2度の給水タイムがあるものの、日ごろの運動量の差が明確に出ていたと思う。0-1で負けた。サッカーも世代交代が。来年、ロシアで開催のワールドカップ、楽しみだ。
b0134123_11223114.jpg



[PR]
# by kawahara_n | 2017-09-06 11:23
極端な移ろい
今までは、前日からの暑い空気が冷めやらないまま朝になり、じわっと生温かな風だったのが、この2・3日は朝の風がひんやりと秋風に変わっている。暑い夏の余韻を少しづつ消去し、夏バテが出ないように体調を整えて秋らしくなっていく様を楽しんでいたのですが、近年は季節の移ろいを感じる間もなくすぐに切り替わる。極端だ。気分まで極端になりそうで怖くなるときがある。幸いなことにクライアントに「鄙の料亭地御前」がある。2か月ごとにランチョンマットのデザインをしている。もちろん季節感のあるもので。先日9・10月のランチョンマットを仕上げた。主から1句を添える注文が付いた。俳句については自信がなく相当頑張ったのだけど根負けをした。季節を味わっていただきたい!そんな思いで制作しています。
b0134123_14244085.jpg




[PR]
# by kawahara_n | 2017-09-04 14:12
8月も終わり
        急に朝晩は涼しくなりましたね。空は秋で少しづつ高くなってきました。
b0134123_00152677.jpg
カープは負けてしまいましたね。今までは必ずと言っていいほど逆転で勝利していたのに・・・・。1点差での負けは不安になってきました。頑張ってほしいです。ところでサッカー日本代表は若い浅野と井手口が得点。2-0で本大会の出場を決めました!ヨ・カ・ッ・タ! おめでとう!
b0134123_00390159.jpg

[PR]
# by kawahara_n | 2017-09-01 00:39
句会の前に
月1回の句会の前に、療養のため休会中の田村国昭さんの2時間にわたる講義「産業革命4」。まさに今、世の中の動向をいち早く解説していただき、手の届かない話をかみ砕いてわかりやすかったのだけど、現実とのギャップが大きすぎて戸惑いもあった。すでに2020年には小学校でPCのプログラミングが必須とのこと。いやおうなしに流れの沿って行かないと、今まで以上にに疎外感を生ずるかもしれませんね。
b0134123_11122455.jpg
b0134123_20074632.jpg
b0134123_11145911.jpg

[PR]
# by kawahara_n | 2017-08-30 11:15
夏バテ?
月曜日ごろからPCがダウン。こうなると私のような者は手も足も出ません。スマホでの画像も受信ができなかったのですがやっと今朝一時しのぎでOCNにログインして画像を受け取ることができました。というわけでまず日曜日からのブログを再開します。17回目を迎えた里山あーと村森のジャズライブが27日日曜日にあった。森の中で包まれた空気が共鳴し、素晴らしい魂の音だったと思う。というのも井上博義(Bass)は80歳、清水末寿(Sax)は72歳。二人合わせて152歳。もう年だから・・・・と否定的な言葉は全く通用しない、とっても感動しました。
b0134123_10213275.jpg
まさにポスターの雰囲気のままのJAZZ LIVEでした。毎回ポスターのデザインは納島さん。毎回、デザインテイストの違うビジュアルも楽しみの一つです。
b0134123_10214135.jpg
b0134123_10214962.jpg
井上博義(Bass)は80歳、清水末寿(Sax)72歳 奥はこのイベントのプロヂューサーでもある藤井政美(sax, Produce) 3人合わせて〇〇〇歳!こちらのベースも年季が入って江戸時代っておっしゃっていました。江戸時代の終わりとしても200年以上も前のベース。凄いですね。
b0134123_10215674.jpg
                     素晴らしかったです!






[PR]
# by kawahara_n | 2017-08-30 10:40