NOBUKO KAWAHARA SUMI ART
by kawahara_n
私の8月6日
身内や親戚で原爆にあった者は居ない。が、この日は広島市民なら、いいえ日本人にとっても特別な日です。以前、ブログにも掲載したと思うのですが、原爆ドームから1番近い本川小学校卒なのです。転校して4年の2学期からと記憶しています。被爆したままの校舎です。
b0134123_17332668.jpg
今でも鮮明に覚えているのが体操の時間です。教室で水着に着替え、先生を先頭にこの川で泳いでいたのです。いやだったのが川底が泥と石や瓦などで、足裏に当たって気持ちが悪い!つま先立ちで気持ちの悪い感触を少なくしたいという記憶があります。中学卒業くらい迄は夏には見張り台が立って川で泳げたのです。私は体操の時間以外に川では泳がなかったですが、あの頃の川でのはしゃぎ声は今でも思い出すことができます。この石段を下りたのです。
b0134123_17355385.jpg
b0134123_17365966.jpg
それと8月7日だったと思います。花火大会が原爆ドームの護岸でありました。「ナイアガラの滝」クライマックスの仕掛け花火で終了。毎年思い出すのはこれくらいのことです。でも重たい記憶を持たれた方は「地獄」だったと。最近の天災の津波、地震、台風、豪雨など天変地異で目を覆いたくなる被災でも、この「地獄」という言葉ではないですよね。この「地獄」の二文字が我々に投げかける光景は、空恐ろしい光景、まさに地獄だったんですよね。


[PR]
by kawahara_n | 2017-08-06 17:41
<< イラン映画 咲いてくれました >>