NOBUKO KAWAHARA SUMI ART
by kawahara_n
広島ラテンRevolusion! キューバ音楽&ダンスFestival
b0134123_09485209.jpg
広島・キューバ展の最終日のビッグイベントが宇品のBLUE LIVE HIROSHIMA であった。この場所は素敵なショップが並ぶロケーションのいい場所だが、こちらは初めて。こちらは・・・・というより中心部でもいろんなライヴハウスがあるようだが程遠い世界だ。驚いたのは若い頃に楽しんだことのあるジルバやマンボを軽やかにステージの前で踊る若い男女。中には若い頃を思い出して楽しそうに踊る中年男性もちらほら。最高に盛り上がっていた。多分ライブハウスで踊っていらっしゃるだろう人々が多くいらっしゃるのに驚かされた。プログラムのトップは広島学院ジャズ・オーケストラ。ラテン音楽もレパートリーにあるだけに堂々と。若い!というだけでいいですね。一生懸命さが伝わり新鮮でした。上の写真は学院の高校生も交えて出演者全員のセッション。キューバ国立民族舞踊団のトップダンサーと日本女性のペアによるルンバやサルサダンスのパフォーマンスも見応えがあった。またキューバでも熱い指示を受け17年、連続で現地の音楽祭に招聘されている日本人のヂュオ、ドス・ソネス・デ・コラソネス、初めて耳にする名前ばかりだが、有名なアーテイストが同じステージでというのは、ファンにとっては最高で遠方からも足を運んだ方も多くいらしていた。とってもラテンな日曜日でした。
b0134123_09491861.jpg



[PR]
by kawahara_n | 2017-09-25 10:17
<< 供養のあり方 週末の夜 >>