NOBUKO KAWAHARA SUMI ART
by kawahara_n
報告会
広島・キューバ展の実施報告会があった。アルバム形式で丁寧な報告書に明朗な収支決済。は当たり前かもしれないが、クリアーなる数字に気持ちがよかった。報告書に在日キューバ共和国カルロス・M・ペレイラ特命全権大使あいさつ全文の記載。一部抜粋してみます。「敬愛する広島の友人の皆様 この美しい歴史的な街、広島を訪問できたのは、とくに平和公園と原爆資料館を訪問できましたのは、私たちにとりまして、またこれキューバ人にとっても同じですが、大変光栄なことです。   今から58年前、1959年のキュー革命勝利からほんの数か月後、エルネスト・チェ・ゲバラ指令官がこの象徴的な都市、広島を訪れました。それは原爆の犠牲者を慰霊したいと言う強い思いに駆られたからでした。ここで見たことで強い衝撃を受けたゲバラは、キューバに帰国したとき<原爆投下を炎と死の比類なき饗宴>と評しました。   その訪問の証拠としてゲバラ自身が撮った写真、ゲバラが広島を訪れた状況、そして彼の革命の戦い、それらは日本の有名な阪本順治監督によってつくられた映画<エルネスト>に再現されています。この映画は日本とキューバの両国の映画館で近々公開されます。・・・・・・」オープニングセレモニーの心あるご挨拶でした。一部抜粋。私にとってキューバについてほんの少しですが肌で感じることができた貴重なイベントでした。ハーツコーポレーション様、お礼を申し上げます。
b0134123_23274103.jpg

[PR]
by kawahara_n | 2017-10-10 23:29
<< 古事記に登場? 名残の夏 >>