NOBUKO KAWAHARA SUMI ART
by kawahara_n
巷では
巷では「おせち」の印刷物をよく目にするようになりました。昔はおせちよりクリスマスケーキの商戦が華々しかった頃もありました。とは言え、わが家でも、以前は張り切っておせち料理から特別のとっておきを作る楽しみがありました。例年のことですが母が残した黒豆の煮方のメモ書き参照して母のように・・・・、と思いながら代表的な料理は少しだけでも作るようにしています。でも最近はやはりどこかのお店のおせちが食卓に並ぶようになりました。鄙の料亭地御前の隔月のB3サイズの鄙暦という印刷物にも「おせちのご予約」の告知をしています。丁寧に一品づつすべて手作りのおせちです。
b0134123_13151510.jpg

[PR]
by kawahara_n | 2017-11-10 10:05
<< "音”と愉しむ本格懐石 もみづる >>