NOBUKO KAWAHARA SUMI ART
by kawahara_n
卒業
この年齢で卒業祝いをしていただきました。周囲から年齢の告知を余儀なくされる・・・・。否応なしにも自覚せざるを得ない。といっても私自身、何も変わらないのですが。昨日は10年余リかかわらせていただいた中小企業基盤整備機構 中国本部 経営支援課 デザイン全般のアドバイザーのお役目が昨日で終了。たくさんお心遣いを頂戴し、ありがとうございました。お世話になりました。心からお礼を申し上げます。
b0134123_13195344.jpg

b0134123_13205271.jpg

[PR]
# by kawahara_n | 2016-03-25 13:21
小さな春
路地裏に咲いてたスミレ。桜の開花宣言があちこちで。春が目の前に。でもまた寒くなるとか!寒暖の差が激しいので体調には気を付けましょうね。葉はスミレですが、花は菫色のとは違っていました。
b0134123_2128236.jpg

[PR]
# by kawahara_n | 2016-03-21 21:30
街路樹
中央通りは白い花をつけたこぶしがひらひら。山里から都会へ。山の中で白い花の塊が浮かび上がる。遠目からでも春を感じる。やはり街中よりは山里に咲くこぶしのほうが好きだ。
b0134123_2310659.jpg

[PR]
# by kawahara_n | 2016-03-20 23:10
1年ぶりの宮島
桜の時期だったと思う。あれから約1年。相変わらず観光客が多い。j新旧入り混じってのメインストリート。人気店には行列が。しかし、際立ってというお店はないと思う。似たり寄ったり!これからの土産物店は?思い浮かばないが、アンテナだけは張っておこう!
b0134123_21302378.jpg

b0134123_21341421.jpg

[PR]
# by kawahara_n | 2016-03-19 21:35
春色
先日、お花屋さんで山茱萸 (さんしゅゆ)を1本買った。いろいろな色があるで店内で、春を告げるにふさわしい黄色が目に入った。菜の花の黄色までは黄色くなくまさに期待感のある色味ではないかしら?
b0134123_20283670.jpg

                秋には赤い実が付きます。真っ赤な鮮やかな実は「アキサンゴ」と呼ばれています。
b0134123_20295110.jpg

[PR]
# by kawahara_n | 2016-03-16 20:30
BIRTHDAY  LUNCH
用事を兼ねて久しぶりにRESTAURANT  SHIMAMURAへ。驚いたことに客席すべて女性客。どこを探しても悲しいかな?男性客は居なかった。色、食材、味の三位一体が織りなす一皿一皿を愛でながらおいしくいただいた。まさに自然の恵みで体が浄化されたようだった。
b0134123_164311.jpg

           ライスペーパーの上には元気のいい春野菜。和歌山の稚鮎がアタマをのぞかす。
b0134123_111439.jpg

カプチーノ仕立てのポタージュスープ。柔らかな春色の中は海と山の幸が。それぞれ素材がおしゃべりしているようでした。
b0134123_1145557.jpg

           島村シェフの演出。目の前で2種類のソースをかけてくれる。わくわく感があった。
b0134123_1163450.jpg

                    2種類のソースがかかった状態。春の風を感じました。
b0134123_1181227.jpg

                  憎い演出。余白もいただきました。とっても美味しかったです。
b0134123_1194688.jpg

今年ほど誕生日を祝っていただいたことはありません。この1年、たくさんのいいことがありますように・・・・・。
[PR]
# by kawahara_n | 2016-03-16 01:27
武蔵野美術大学校友会広島支部総会
何年振りだろう。久しぶりに出席する。毎回のことだが卒業生のひとくち講演がある。今回はとっても若い平成24年卒業の峰崎真弥さんの「Drawing My Life」興味深い演目。内容は自分を見つめ直すため世界を旅する。まずシベリア鉄道に乗るために1番安価なルートとして境港港から旅が始まる。話の中で驚いたこと。旅に出る前にお母さまからNY在住でホームレスのアーティスト、ミリキタニ(三力谷)の絵ハガキ。彼女は彼に会いにNYへ。まさにこの写真がそうなのだ。
b0134123_16451767.jpg
          スクリーンに映し出されたミリキタニ氏と峰埼さん。手前は今日の本人さんである。
b0134123_17000255.jpg
ミリキタニ氏の膝の上にはいつもの猫ちゃんが。2012年92歳で生涯の幕を閉じられた。貴重な写真ではないでしょうか。彼女は実家の江田島で彼のドキュメンタリー映画で映画監督のリンダさんを招聘して上映会を開催。驚いた! 2年くらい前だっただろうか?さくらぴあでの上映会と美術ギャラリーの素晴らしかった作品の数々とダブって、うれしい時間だった。
b0134123_17071088.jpg
これはコラージュ作品。たぶん各ピースごとに思い入れがあり、1枚ごとに思いを込めて貼り付けただろう作品。センターの大きなカメが印象的だった。


[PR]
# by kawahara_n | 2016-03-13 21:41
3月12日
A Touch of Hope の試写会が大盛況。polipoにて「お疲れさまとありがとう!」主賓は稲田恵子さん。束の間とは言え料理とワインとおしゃべりで美味しい時間をと有志が集う。ハードではあるが充実した毎日がこれからも当分続くとのこと。人間は単純で目の前の人の元気な話に私も頑張ろうといううれしい感染をする。さらにサプライズがあった。何かのきっかけから私の誕生祝までもしていただく。ありがとうございました。
b0134123_23074384.jpg
b0134123_23082147.jpg
                              Second Pizza
b0134123_23413731.jpg
面白いカタチでしょ! トマトソースパスタのトマトがこのシシリア島産トマト。名前は忘れました。
b0134123_23451962.jpg
急に申し出たにもかかわらず対応してくださったようで、感謝感激!みなさんありがとう!
b0134123_23481469.jpg
   夜は別件で友人の誘いで妙椿会へ。19回目と記してあったが、私は2回目の参加。
b0134123_00051949.jpg
夜遅く帰宅。机の上にヨコ孫の写真のBirthdayCardが添付した大きな紙袋。
遅めの誕生のプレゼントが届いていた、うれしい1日でした。



[PR]
# by kawahara_n | 2016-03-13 00:06
Pomelo
「ポメロ」大玉柑橘でザボンや分担の仲間?それにしても大きいです。このように大きくて重たい果実が樹になっているのは想像できないですね。愛媛県大三島にあるILC Resortでは、今がたくさんの種類の柑橘の収穫期。器量はよくないのですが味はべっぴんさんです。こちらではオリーブも半端でない量が収穫できます。自然の恵みに感謝ですね。
b0134123_16511492.jpg
       左が今日の主人公のポメロ、小さいのははるかに清見。大三島産です。
b0134123_16512619.jpg
           それでなくても大きな分担が小さく見えます。

[PR]
# by kawahara_n | 2016-03-11 16:58
IN DOOR GARDEN?
オフィスビルの8・9Fにあるアイ・エル・シーのリニューアルがほぼ完成。社員が休憩するNature Loungeのイメージはin door garden。グリーンが生茂って水が流れる。一応、社長のイメージするオフィス内を循環させて水を流しハイテク技術でグリーンを育てる。それでなくても、日当たりの悪い冷暖房の部屋の中での過酷ともいえる条件でグリーンの成長もイメージ通りにはいかない。昨日はグリーンを差し替えに。時間的にちょうど15時。社員が三々五々、好きな場所に座って休憩を取っていた。PCから離れてわずかな時間でもリラックスできる場所がある。素敵なこと!ドゥジェムの山村さん、これからもよろしく。グリーンが育ちますように。
b0134123_14125789.jpg
b0134123_14124165.jpg




[PR]
# by kawahara_n | 2016-03-11 14:34
余韻
昨日の余韻が・・・・。昨日ムービー完成記念パーティーの余韻が事務所に。帰り際に頂いた花束からきれいな香りが。正体は何の花かはわからないのだけど、今も楽しませてくれている。
b0134123_21121536.jpg

b0134123_21131911.jpg



[PR]
# by kawahara_n | 2016-03-09 21:13
A Touch of Hope <希望の気配>

A Touch of Hope <希望の気配> ホスピタルアートプロジェクト代表,稲田恵子製作の映画の試写会が八丁座であった。上映時間はわずか530秒足らずの映画だ。ナレーションもなく映像と音の5分は何よりも観る者に多くを語りかけてくれたと思う。私が関わったホスピタルアートのスタートだった福山医療センターの草花の絵が映画館の大きなスクリーンのトップ画面で静かに流れる。感動!5年前の状況が走馬灯のようにスクリーンとダブる。胸に迫るものがあった。立ち見は原則NGだけど多くの人が座ることができなかったほどの試写会。多くの人がホスピタルアートについて八丁座で共有できたこが今後どのように展開していくのでしょう・・・・・・。

b0134123_09435174.jpg
企画/(CROSS FOUR)稲田恵子 柴田浩喜 弥中敏和 納島正弘 製作/有木健 監督/部谷京子 撮影/津田豊滋 VE/鈴木康公 編集/早澤淳一郎 MA/長谷川有里 他 一つの物事を創りあげることの意味合いをまた改めて感じたことと一人では何も出来得ないことも強く思いました。
 



[PR]
# by kawahara_n | 2016-03-09 10:04
あったかな日和
あったかな日和でしたね。この暖かさも明日まででまた寒くなるそうです。俳句の世界で「冴え返る」という言葉があります。まさにこのような天候を表す言葉。美しいコトバですよね。
b0134123_17210833.jpg




[PR]
# by kawahara_n | 2016-03-07 17:15
1日遅れの誕生日
昔から自分の誕生日はひそかに年を取りたい・・・ところが昨日、朝1番の受信が「お誕生日おめでとうう!」びっくり! Facebookの使い方がわからないために長い間そのものを見たこともなかったのです。思いがけない方からお祝いのメッセージをいただきました。でもその方々のお誕生日をほとんど知りません。これが困るんです。ご無礼をお許しくださいね。今日はいつもと変わらぬ食事と思っていたらと誕生日ということで、思いがけづバースデイケーキまでいただきました。オーナーの優しい気遣いか? キャンドルの5本が気になりましたが。この年齢になると1年の重みをずしりと感じるようになりました。歳をとる意味合いも今までとは次第に違ってきていますが、できるだけ気分は若くいたいと思いながら・・・・。
b0134123_23133938.jpg
        美しい筆文字! 超辛口純米酒とありました。よくわからない者はラベルで判断しがちです。
b0134123_23133467.jpg

[PR]
# by kawahara_n | 2016-03-03 23:18