人気ブログランキング |
喪中
令和2年の新年のご挨拶は失礼させていただきます。お知らせが遅くご無礼申し上げます。94歳の兄が11月に人生の幕を閉じました。葬儀場で初めて見た兄の筆文字に驚き、年賀状の筆文字しか見たことがなく、姉妹で褒めるのではなく、貶すことばかりだったのですが、あまりにも上手な兄の文字に、罪滅ぼしにと兄の文字を掲出いたしました。兄も喜んでくれていると思います。定年退職後に始めた書道。毎日の日課として・・・・。お行儀で長時間の稽古のため、晩年はそのために膝を痛めたと聞きました。筆は熊野筆、何事にも妥協はなかったようです。一つ兄に確かめたかったこと「何故お習字だったのか」
静岡と広島、台風、地震必ず朝早くに「大丈夫か?」と電話をよこしてくれてました。自慢の兄でした。
喪中_b0134123_00013542.jpg




by kawahara_n | 2019-12-20 23:58
<< 特別なディナー 忘年句会 >>