人気ブログランキング |
最終日の締めは
連休前から約束していたM邸に。その前に宮島口epiloでバッグやスカート、パンツなど独特の個性の沖真理ギャラリーが開催中。お店を後に阿品のM邸にお邪魔して五日市の「いけ田」のお弁当で昼食を。何でもない時間だけどリラックスできる。視界に広がる瀬戸内の海。宮島の鳥居も見える。大型連休もあッという間に終わりました。最後の締めはゆったりと時間を過ごす。さあ、明日からは気分を切り替えて!
b0134123_23112132.jpg
b0134123_23112602.jpg
b0134123_23114419.jpg
b0134123_23114861.jpg
b0134123_23114125.jpg



# by kawahara_n | 2019-05-06 23:23
旬を愛でて
旬をいただく。その前に必ずやることがあります。まずは 新鮮なうちにスケッチをしてから料理をするのが習わし?となっています。と言ってもついつい忘れてしまうことがあります。こちらに載せた葉ワサビはスケッチをしないまま、葉と茎に分けて調理しました。昨日は三川町倶楽部と称して10数名が集まっての楽しい食事会で山菜の一番おいしいのは天婦羅と聞き、次はこの天婦羅で旬を味わってみようと思っています。
b0134123_10225466.jpg
b0134123_10225886.jpg
                    まずはスケッチ
b0134123_10341123.jpg
b0134123_10341543.jpg
スケッチや料理写真も忘れ既に胃の中で消化済みの証拠品の葉わさびです。


# by kawahara_n | 2019-05-04 10:46
日本料理 懐石 「而今」
昨日、「而今」へ。初めてのお店でした。而今とは・・・・。今の一瞬、今を精一杯生きるという意味がある。オープンしてまだ日の浅い若い店主。店名から茶道に精通していらっしゃる方とお見受けした。客との距離を程よく保ちながらタイミングよくお料理が運ばれる。旬を愛でながらいただく。満ち足りた時間でした。
b0134123_10374596.jpg
海老真丈のお吸い物
b0134123_10375749.jpg
金目鯛のお造り
b0134123_10380651.jpg
土の中の柔らかな京都の筍でした。
b0134123_10054842.jpg
まさに旬のコシアブラのてんぷら
b0134123_10055188.jpg
b0134123_10054315.jpg
       日本料理の食材も多様化して今の時期の白トリュフでクレソンも違った味わいに
b0134123_10054007.jpg
b0134123_10053608.jpg
b0134123_10561075.jpg
お酒はもちろん而今で。





# by kawahara_n | 2019-05-02 12:58
私の平成時代とは?
b0134123_17262684.jpg
私にとって平成はどんな年だったのでしょう?まず法人化したのが平成3年でとっても遅かったです。デザインの仕事と片輪に制作活動を始め、市内で個展を開催した平成7年が制作元年と言えます。それから平成10年代から頑張ったんですね。全く他人事の様ですが…。東京生活研究所から銀座松屋デパートの地下道のウィンドウアートの仕事やオリジナルの掛け紙やポストカードなど「日本のしつらえ」というコーナーで販売もさせていただいていました。もちろん個展も2回、開催。それから大きな仕事「世界食品見本市」がパリの郊外シアールで開催。平成16年の事でしたた。ジャパンブースが16年ぶりに出展というオープニングに大書のパフォーマンス。パリ在住のフローリストのRyu Kubota氏とコラボレーションでした。世界一の食品見本市と言うことで、私自身とっても楽しみにしたのですが、残念ながら島国である小ささを痛切に感じたことを思いだします。2年後には銀座久衛兵別館やTOKYO BAYCOURT CLUBのアートなどお声掛けをいただいて精力的に仕事をしました。
b0134123_17345320.jpg
作家活動は8年にニュ―ヨーク、11年にはパリのVENTILO PARIS本店のExposition JAPONに参加。平成20年代はホスピタルアートを手掛けた年代でした。もう一つ忘れてはいけない仕事があります。平成3年からスタートした福屋デパートのショッピングバックの四季の花のデザイン。現在は春の1シーズンだけになっていますが。づっと続けさせていただいていることに感謝しかありません。振り返ってみるとデザイン以外に制作活動が確立できたのが平成でした。当時のことを思い出しゆっくりした時間が流れています。充実した時代だったんだと改めて。さて、令和の時代は、どのようになるのでしょうか?穏やかで美しき令和であってほしいす。

# by kawahara_n | 2019-04-29 17:28
平成とともに
夢を語った頃もありました。開店に関わらせていただき、常川社長様の「こころでつくる豆腐」「豆腐のいのちは素材」あくまでもこだわり続けてこられた「豆腐家」が28日で閉店となってしまいました。お店は安佐南区緑井。1番感心したのがいつ行っても真っ白なロゴの入った暖簾が気持ちよく迎え入れてくれてました。筆文字の存在感が最後まで失うことはありませんでした。四季折々に描いた色紙の花も、お店のイメージとして描いた「さよなら さんかく またきてしかく しかくはとうふ とうふはしろい」パネル絵も当時のまま。もちろん少し退色はしていますが、ずっとずっと変わらぬ姿勢で貫かれた豆腐家。これからは今までと同様にそごう、アバンセ、ゆめタウン、元気市などで販売はされます。平成とともに大事なお店が幕を下ろしました。常川社長様、ありfがとうございました。
b0134123_12521621.jpg
これは4月17日に撮影。残念なことにこの日が見納めとなってしまいました。奥にいらっしゃるのが常川社長様。もう1度伺うつもりだったので記念写真を取り損ねてしまいました。
b0134123_12591548.jpg
素敵なお店でした。写真の右手奥で、毎日美味しいお豆腐が作られていました。
b0134123_13023403.jpg
商品すべて妹の筆文字です。トップシールから帯、店頭に並ぶお惣菜のプライスカードに至るまで、すべてお手伝いをさせていただきました。もちろん暖簾のロゴの「豆腐家」も。





# by kawahara_n | 2019-04-28 13:04
気持ちのいい7連勝
平成最後のホームでの試合は、大瀬良の完封で7連勝!長野の考えられないアノ失態はノーミスという結果になって嬉しい勝利!今朝の新聞記事を抜粋!「まるで運動会で頑張りすぎたお父さんのように三本間で転んだ!バットも両足もとんだ空振り!」笑ってしまいましたが、でもアノ巨人の長野ではなく、これからカープらしい長野であってほしい!もちろんこれらがカープらしいというのではないです!これから長野らしさを見せつけて!初めてのパフォーマンス席。よかったです!明日からの試合、応援します!
b0134123_09065873.jpg
b0134123_09263008.jpg
この瞬間!アノ臨場感をカメラに収めたいと思うのですがなかなか。いつもしょぼくれカットで終わってしまいます。

# by kawahara_n | 2019-04-26 09:23
年年歳歳花相似たり
今年もオリーブに花芽が・・・・。レモンにブルーベリーにオリーブ、わずかですが今年もよくぞ!でもこのサイクルさえも早く感じます。今朝は雨も上がり、この気持ちの良さは陽射しはもちろんカープ6連勝も言うに及びません。太陽が雲に隠れても晴れ晴れしています。
b0134123_11083919.jpg
b0134123_11085041.jpg
ドアを開けるたびに、かすかな香りが。小さな蕾も次々に開いてくれています。
b0134123_11085361.jpg

# by kawahara_n | 2019-04-25 11:12
お裾分け
昨夕、友人がお裾分けにとモッコウバラを届けてくれた。長い枝のまま。今までにない入り口の設えが出来ました。モッコウバラの黄色は庭先でよく見かけるのですが白はあまり。清楚でいいですね。Tさん、ありがとうございました。お裾分けをいただきましたよ。
b0134123_09241269.jpg
b0134123_09241934.jpg
これもバラです。立派な刺が、油断するとアウト。枝切りも注意を要します。

# by kawahara_n | 2019-04-22 09:27
幟町倶楽部
昨夜はいつもの幟町倶楽部のお食事会。いつものごとくテーブルには手作りの料理がたくさん並ぶ。それに美味しいパンにチーズにワイン。美味しくいただいておしゃべりをして飲んで昨夜もよく笑いました。いつもレシピを聞いてはチャレンジするのですが。10種類以上の料理を考えられるのが羨ましい!たけのこご飯、旬をいただくのは嬉しいですね。
b0134123_16115791.jpg
b0134123_16120987.jpg
b0134123_16120561.jpg



# by kawahara_n | 2019-04-20 16:15
会席惣菜 いけ田
やっと実現。五日市の造幣局の前にある「いけ田」へ。一日一組限定、4人以上で会席料理がいただける。一組ということでお値段とメニューは融通が利くようだ。まず付き出しから最後のお抹茶とお菓子まで8品。この付き出しの写真でもお分かりのように料理人でもあるご主人の裏切らない姿勢に、我々も深く味わいながらいただきました。別入り口ではお惣菜とお弁当も販売していらっしゃいます。
b0134123_14352057.jpg

# by kawahara_n | 2019-04-19 14:44
安芸高田市吉田町へ
ゆっくりした時間の一日でした。家じまいをするために耕作放棄地を耕して元の雑木林にと10年計画を立て窒息していた大地をうまく呼吸するようにと!100種類以上の作物を育て収穫して種を採取。U氏の自然との共生サイクルが動き始めている。うまく育たないのはそれもよし!実物はまず小鳥が食べ、残ったのを見つけてU氏が。美味しいコーヒーを淹れていただいた。ミルで曳き、コーヒーをいただくまでの時間は、音と香りと色の変化をじっと待つ。種を撒き芽を出して成長して収穫まで。自然との時間の流れが浸み込んでいるU氏が羨ましかった。
b0134123_20055481.jpg
クルマから降りて玄関まで。雑木林を歩いて下さいと一面に枯葉を敷き詰めて迎えてくれた。
b0134123_20042888.jpg
区画整理をして収穫時期と作物の種類を色分けをして。
b0134123_20034133.jpg
音と香りと色が美味しさを知らせるまでじっと待つ。この時間がたまらない!
b0134123_20092369.jpg
採取した種が瓶の中に。時間の濃密な経過もしっかりと詰め込んでいました。
b0134123_20034555.jpg
お料理上手なH氏の奥様のお煮しめを持って来てくださいました。美味しくいただけるのは幸せですね。
b0134123_20034911.jpg
昼食後、畑を案内していただく。
b0134123_20121183.jpg
いい一日でした。ありがとうございました。



# by kawahara_n | 2019-04-17 19:51
句会
99回目の句会。来月の100回記念を前に、いつもとは違う正弁丹吾で句座を設けた。メンバーはいつもの5人。すべて事務局長M氏にお任せ。長年続けられたのはM氏の細やかな采配があってこそ!感謝です。来月は遠方にいらっしゃる主宰をはじ数名のメンバーが来広。楽しみです。いつもの約3時間、お食事と少しお酒をいただきながらの選評はとっても濃い時間なのです。今日も素敵な時間でした。選句に挙がらなくてもどんな状況下でも、この時間が好きです。ついつい証拠写真を撮るのを忘れてしまいます。このメバルの煮付けが句会の写真です。
b0134123_17252306.jpg

# by kawahara_n | 2019-04-16 17:25
いつの間に
いつの間にブルーベリーに花が!レモンにも硬い花芽がついていました。面倒見の悪い主なのに、よくぞ健気に・・・・。ありがとう!昨年、初めての実がブルーベリーとレモンに。2本植えてもらったブルーベリーだけど1本は枯れた。一冬濾して新芽を期待したのだけど、今日根こそぎ抜いた。残った1本の楽しみはわずかだけど、ゆっくり待つことにしよう!
b0134123_20461258.jpg
b0134123_20460893.jpg

# by kawahara_n | 2019-04-15 20:46
パレット
月1回のお絵かき教室。今日はモデルをかって出る。人物はモノクロで。バックは彩色して何か、イメージになるものを加えてもらった。キャンディーやお花は分かるのだけど、正人君は本安川の流れをイメージしたそうだ。多分何故はなくて直感だと思うがやはり気にはなる。何故?
b0134123_20345069.jpg
b0134123_20345461.jpg



# by kawahara_n | 2019-04-14 20:37
庭の春
少し冷え込んだ今朝。しかし庭は春の装いに変わっています。ほんにわずかですが嬉しいです。
b0134123_10062898.jpg
b0134123_10063823.jpg
b0134123_10063223.jpg

# by kawahara_n | 2019-04-09 10:07
やはり残念!
福屋の春バージョンの紙袋が出回って少し日にちが経ちました。昨年のピンクのチューリップとイメージがダブらないように真っ赤なチューリップに仕上げて入稿。今回はある事情で色校正が出なかったのも残念な要因なのですが・・・。街で見るたびに残念でなりません。上は入稿時にブログに掲載したもの。下が現在出回っている実際の紙袋。
b0134123_16363133.jpg
b0134123_16362738.jpg

# by kawahara_n | 2019-04-07 16:42
夜桜
b0134123_19532051.jpg
縮景園の夜桜見物へ。近くにいながらライトアップの夜は初めて。なかなか見応えがあった。白い利休桜からピンクの濃い桜や枝垂れ桜など、そんなに広くない庭園で色々な種類の桜が楽しめるのがいい。
b0134123_19532592.jpg
b0134123_19530374.jpg

# by kawahara_n | 2019-04-02 19:54
新年号
早速にIHさんが銀座和光のショーウィンドウの画像を送ってくれました。それぞれの色の意味合いを知りたいですよね。東京はお祝いムードとか。東京・広島間の距離分、温度差がありますね。「美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」TVのテロップで流れました。自然を讃え、自然の恩恵に感謝する!もう1度再認識したいです。
b0134123_22154431.jpg

# by kawahara_n | 2019-04-01 22:21
数寄の春
非日常の世界を体感した。「浅野氏広島城入城400年記念事業 上田宗箇広島入城400年記念事業」の一環として上田流和風堂特別公開に参加。お茶の心得がないことで恥をかくのは当然として、皆様にご迷惑を・・・・と思うと日増しに気後れが。全然大丈夫よという友人の一声が後押しをしてくれた。まず長屋門から外路地・内路地とそれぞれ丁寧な説明を聞きながら、爆心地からそんなに遠くないここは被爆から免れ、古い佇まいが現存している。全く別世間だ。400年前の当主の当り前の世界がある。濃茶・薄茶に点心をいただいて2時間はあっという間に過ぎた。長い歴史の中で受け継がれている武家茶は、色々なしきたりはあるにせよ、根底にある武士道のようなゆるぎない空気感を感じとることが出来て嬉しかった。
b0134123_21443831.jpg
書院屋敷、前庭・長屋門
b0134123_21345881.jpg

現存最古の荷い茶屋 江戸時代
b0134123_21384113.jpg
素晴らしかった全容をお伝えできません。家庭画報4月号に特集が組まれてます。
参照ください。
           


# by kawahara_n | 2019-04-01 21:42
ホテルプロジェクトの打ち合わせ
赤坂にある会社で打ち合わせ。来年オープン予定のホテルプロジェクトからお声がけをいただいた。詳細について分からないまま初めて名刺交換という状況の中、お話を聞いて大変な戸惑いがあったが、頑張ってみようと思う。もう少し具体的になった時点でまたお知らせします。
b0134123_23550077.jpg
4名の方と名刺交換をさせていただいた。


# by kawahara_n | 2019-03-31 23:57
東京へ
b0134123_22383032.jpg
ホテルプロジェクトの仕事で東京へ。その前に茅ヶ崎に前泊。「STAYCATION 濱時間」。こちらは東京松屋で個展を開催した時からのお客様。づっと親しくお付き合いをさせていただいている。創業者が建てられたお弁当屋さんの本店をリノベーションして誕生した「STAYCATION 濱時間」へ泊めていただいた。宿泊客の8割が外国人というのも、確かにうなづける。日本の良さを残しながら寝室やバスルームは近代的に。開放的なお部屋でのステイするのは最高だと思う。
b0134123_22414881.jpg
 サザンビーチ。学生時代に鷹の台からどのようなルートだったか忘れたが、友人たちとこのビーチで時間を過ごしたのを思い出した。濱時間から徒歩20分で海岸へ。
b0134123_22525729.jpg
b0134123_22500715.jpg
上の掛け軸と屏風は嫁入りした作品です。こうして対面するのは懐かしく嬉しい気持ちになる。
b0134123_22494585.jpg
b0134123_22492125.jpg
https://www.staycation.jp/acc/acc-7393/
四季折々の景色が楽しめるお庭にはブランコもある。ゆっくりのんびり何もしない贅沢がここにはある。十分にご紹介できなかったのでURLでご確認ください。

# by kawahara_n | 2019-03-31 22:57
行事の多い週 其の4
b0134123_20303674.jpg
週末の昼食は、今回の屏風の嫁ぎ先でもある「幟町茶寮」へ収まり具合を見たくお邪魔した。オーナーの川崎さんの感性でその場の雰囲気に違和感なく溶け込ませてくれる。嬉しいことです。久しぶりの食事は、大変満足でした。一皿づつの食材の色味もコースの流れを計算され味と色味の残像が消えないうちに次の料理が目の前に。がらりと色が変わる。今回、春色の素晴らしい構成でもあったと思った。一皿ずつのアートをいただきました。
b0134123_20180881.jpg
人参クリームとフロマージュブラン。春巻きの皮の素揚げがシェフの感性ですね。
b0134123_20211786.jpg
オレンジ色が未だ目の奥に残っているタイミングで、がらりと変えてグリーン。とっても印象深かったです。ホワイトアスパラガス 菜の花 甘夏のムース。
b0134123_20443034.jpg
b0134123_20283077.jpg

前菜4種 魚料理 肉料理 お食事 デザート 小菓子 コーヒー
川﨑シェフのアートを美味しくいただきました。








# by kawahara_n | 2019-03-24 20:41
行事の多い週 其の3
b0134123_15424798.jpg
昨日お昼は宮島口、夜は袋町にpizza juicyのオープニングレセプションがあった。お昼は純和風、夜はコンクリートのとってもシンプルなファサード。店内は大きな近代的なピザ窯のオープンキッチン。今までpolipoでpizzaを焼いていた馴染みの彼が独立。お店の奥にはパティオがあり、これから如何様にも活用できるスペースがある。締めがpiazzaのセットメニューになるらしい。若い人たちが、こうして自分の城を。常に世代交代はある。私が彼らの年代の時も、新しい大きな波を作り、時代を牽引していったMグループ。あの時代が妙に懐かしく思えた時間でした。
b0134123_16465113.jpg
お店の奥にはパティオが。如何様にも活用できそうなスペースでした。
b0134123_16504282.jpg
いつもの彼。しかし今度はオーナーに!頑張ってください!




# by kawahara_n | 2019-03-22 16:53
行事の多い週 其の2
21日はお昼と夜の掛け持ち。お昼は我々待ちに待ったお店が宮島口にオープン。路地を入る前に置かれた小さな店名の看板。「宮島口食堂 つむぐ」まずこちらのロゴから大きな期待が膨らむ。「凄い!」やはり期待通りの素敵なお店でした。カウンターとテーブル席、一人でも多くの客席ではなくしっかりと坪庭を設け、外光を取り入れ気持ちのいい落ち着いて美味しいお食事ができました。お二人さん、頑張ってくださいね。
b0134123_12563379.jpg
b0134123_12580884.jpg
b0134123_12583473.jpg
蕗の薹天婦羅 菜の花のお浸し 穴子のお刺身 塩麹の角煮 とれたて野菜の自家製麹ソース 野菜天婦羅 大野のアサリの土鍋の炊き込みご飯と味噌汁 
b0134123_13105523.jpg
b0134123_13111415.jpg
      お昼の食事が最後だった我々をお見送りをしていただきました。




# by kawahara_n | 2019-03-22 13:12
行事の多い週 其の1
まずスタートは17日、Polipoの 9周年パーティーがあった。見慣れた顔ぶれがふれあいの中、いつもとは違うメニューでのおもてなしにお腹いっぱい堪能した日曜日でした。この日のためにイタリアから届いたプレート、オーナーの修行先から届けられた大きなババ、人と人の繋がっていくご縁は、周りも温かな気持ちになりますね。
b0134123_11015367.jpg
b0134123_11030898.jpg
             ブルスケッタは最高に美味しかったです。
b0134123_11045434.jpg
            この日のために用意されたジューシーなソーセージ。
b0134123_11080766.jpg
             大きなババは結ばれたご縁の結晶でした。




# by kawahara_n | 2019-03-22 11:10
甘熟トマト
高知の甘熟トマト。Kさんが届けてくれたフルーツトマトです。プリンプリンなのでかぶりつくと果汁が噴き出ます。近年、トマトの種類がとっても豊富に。日々買うのは、色艶よくプリっとハリのある色々な産地のモノを買うのですが、味は際立って変わらないですね。時々、昔、枝からもぎたての夏の朝のトマトの味が恋しくなることがあります。
b0134123_19460858.jpg

# by kawahara_n | 2019-03-20 19:55
日常のリズム
個展終了して5日目。少しづついつものリズムに。2年越しの水仙がやっと花をつけてくれました。一般の水仙とは花が少し違うということが分かり、でも香りは同じです。春が近づいてきています。
b0134123_17371682.jpg



# by kawahara_n | 2019-03-15 17:38
句会
月一の句会。日曜日まで個展。疲れも出て思うように句が作れない!でも唯一息抜きのできる時間なのです。昼食をとりながらの約3時間余り。一句「ギャラリーは旧き顔ぶれ花ミモザ」
b0134123_22511766.jpg

# by kawahara_n | 2019-03-13 22:51
感謝会
昨日はとっても温かな笑顔溢れる会に出席。主催者は、廿日市商工会議所会頭、デリカウイングの会長兼CEOの細川様の叙勲の感謝会が催された。挨拶状に記された文面の抜粋「ボクは自分の人生を素晴らしい喜劇にしたい!」中略「人に笑ってもらうこと、人に喜んでもらうことを無上のと歓びするわたしです」記された通り会頭ご自身の挨拶はいつものごとく笑いで聴衆をグングン話の中に引き込んでいく、先日の私の個展のレセプションにも挨拶を頂戴した。この話術は誰しも認めるが、唯一ご自身も自覚される少し話が長いこと。しかしこれをも笑いの一つとしてお話される。お食事会の後は「さくらぴあ」で林家たい平 落語会。会頭のすべてを周知されていることもあって、噺は笑いと涙の落語会でした。叙勲を祝う会は、デリカウイングのコーポレート・スローガンであるHappy Togetherまさにこの言葉通りの「一緒に幸せ」お裾分けをいただいて帰りました。
b0134123_22193337.jpg

# by kawahara_n | 2019-03-13 22:19
撮影立ち合い
鄙の料亭地御前へ、お料理の撮影の立ち合いへ、こちらは自然の優しい「気」が気持ちをニュートラルにしてくれます。
b0134123_23340954.jpg
b0134123_23341313.jpg

# by kawahara_n | 2019-03-11 23:34